生理痛撲滅運動!



(1) 痛み止め


なるべく飲まないように。。。 している方が多いみたいですが、「テレビであんなに宣伝しているのは売れるからで、必要としている人が多いんです」 ただし、痛み止めで「我慢」していると、もしその痛みに内膜症などの原因があれば、それは治るわけでなく、悪い方向に進みますのでご注意を。


 ロキソニン、ボルタレンSRとか(これらの薬は生理痛に良く効くのですが、「生理痛」では保険が効きません。 でも腰も痛ければ、腰痛ということなら出せます。)

(保険が効いて ロキソニンのジェネリックがそれはそれは安いお値段です。)



(2) 漢方薬 

中国3000年の歴史、

生理痛のひどいお妃さまもいたことでしょう。

毎日のんでみたり、生理の時だけのんでみたり。。いくつか保険の効く漢方があります。

ご相談ください。 1日あたり100円以下だと思います。


 

(3) 低用量ピル(OC)/低用量EP配合薬(LEP)

建前上 扱いが違いますが、本音ではほぼ同じものです。

海外では「生理が2回来たら、始めてもかまわない」とされていますが、避妊の嫌いな日本男児(元)らが、やれ背が伸びなくなるとか、血栓ができる、環境に悪いだとかいちゃもんをつけます。

最近では 生理痛のひどい方は 「痛み止めで我慢している」よりもこれらを服用していた方が将来の妊娠しやすさが落ちないとされています。

一番安いジェネリックのが、1月分で2000円弱です。



(4) 黄体ホルモン製剤

「黄体ホルモン」は、本来排卵後に卵巣から自然にでるものですが、服用することで逆に排卵を起こしません。なのでちゃんとした生理が来ません。。。ってことは、生理痛も無いわけなんですが、ちょっとの出血が続くことがあります。

ジェネリックので、保険が効いて 1月あたり3500円ぐらい。

 


(5) GnRHアゴニスト製剤

卵巣を刺激するホルモンを一時的に出さなくします。

卵巣がちゃんと働かない→生理が来ない。。。のであります。


ただし保険が効くのは連続した6ヶ月となっておりまして、(半年休めばまた始められますが)

生理痛がホントにひどい人は「この半年、生理が無くて本当に天国のようだったのにダメなんですか?」と言われたりします。

鼻に毎日2回スプレーしなきゃならないタイプのが 保険が効いて 2500円、 

月に1回の注射ですむのが 保険が効いて 6500円 

更年期障害のような症状が出ることがあります。追加のお薬で対処することもできますが、使い始めはいつでもやめられるスプレーで始めてみましょうか?