「緊急事態宣言」終了!  (「スーパー緊急宣言」とか、「緊急宣言プレミアム デルタ」とか名前がグレードアップするかと思ったけど何もつかず。。)


流行が下火になりましたが。。。 それって、「緊急事態宣言」のおかげなんですかね??

それともワクチンのおかげ?

もう大丈夫なんですか?


いまこそ、いろいろなことを反省しませんかね?

そして、次へ生かす。

冬になったら新型コロナは帰ってくるんじゃないでしょうか。

鳥インフルエンザは?

未知のウィルスは?


いままで 保健所の人が大変な思いをして感染経路調査をしてわかったことの総括 

人工呼吸器やN95マスクの備蓄とか、医師、看護師などの教育、訓練、感染症病床の新設

やるべきことっていっぱいあると思うんですが、大丈夫なんですか?




県央ワクチンセンター終了、東毛ワクチンセンターも終了予定

集団ワクチン接種が終わりかけています。 


太田市のワクチン接種お手伝いの予定もいくつかキャンセルになりました。

本当に希望者はもう居ないのか、ワクチンが足らないのか?? ??





太田市では「親子で接種」というのがありまして、12才以上のお子さんを親御さんが連れてきて一緒にうつんです。

ある日、14歳の女の子がボロボロ泣いていました。

「どうしたの?注射が怖いの?」ときくと、

「はい」と

「じゃあ、お父さんに注射の時に手を握っててもらう?」とききますと

「いいです」と泣きながら返事があり、 彼女は泣きながら注射を受けました。

「今度はお父さんの番だから、、お父さんが注射される間、お父さんの手を握ってあげてくれる?」とききますと

「いやです」と

いわれてしまいました。。。。とさ


別の日にやっぱり泣いている女の子が居たので、

同じことをきいてみたら、こくっと頷きました。

この子の場合はお父さんが先に接種が終わって、さっさと居なくなりそうだったので、

「おとうさん、おとうさん、注射の間、娘さんの手を握ってあげて下さいね。」といってあげることができました。

お父さんはそれはそれはうれしそうでした。


更に別の日には 二人して泣いている姉妹がいまして、

「じゃあ、お母さんに注射の時に手を握っててもらう?」とききますと

お姉ちゃんが「はい」と

「妹さんは?」とききますと こちらも「はい」と

「じゃあ、二人して、こちらのブースで一緒にしましょう」と案内しようとしたら、

お姉さんの方が「私は一人で大丈夫、隣のブースですると」 ほほう、姉ちゃんらしさを出しているんだな がんばれ!と 隣のブースにご案内したのですが、

妹さんの接種が終わった後に振り返ると、まだ摂取する椅子に座れないでボロボロ泣いていまして、

「やっぱり お母さんに注射の時に手を握っててもらう?」とききますと

泣きながら「はい」と


いやー、そんなこともありました。