卵巣の機能回復はできるのか


そもそも卵巣の機能とはなんぞやということになるのですが、「卵子と女性ホルモンを供給する」ということなのだと思いますが、お子さんを作る・なかなかできないということであれば。。いくら刺激をしても卵胞が育たない/少ししか育たない(排卵誘発剤への反応が悪い)、良い卵子が取れない、妊娠しないなど。。を意味するのでしょう。それが改善できればいいのですが。。。
そこで抗ミュラー管ホルモンを測ってみたりするわけなのですが、よろしくなかったときに回復させる良い方法はまだわかっていません。

年とともに良くなくなってくるので「アンチエイジング」というわけなのです。


いくつか。。。

○ビタミンE/ビタミンC  抗酸化作用があるとされて、昔から知られ/使われています。大きな副作用は知られていませんし、簡単に手に入ります。
注射することもできます。

○DHEA ”dehydroepiandrosterone”とは、体の中で性ホルモンを作るのに欠かせない物質です。これが少なくなると性ホルモンを作るときに材料が少なくて困る訳なのですが、25歳ぐらいをピークに減少していきます。   はじめは一日75mgと言っていましたが、25mgでも効果があるとのことです。  (コンビニなどで手に入るDHAとは別のものですのでお間違えなく。)

○メラトニン 夜に脳内の松果体というところから分泌される。強力な抗酸化作用があるとされている。夜10時頃に3mgを服用するのがお勧めだそうです。

○レスベラトール 赤ワインに入っているポリフェノールで、フランス人はワインをいっぱい飲むのに寿命が長いという「フレンチパラドックス」の原因物質かといわれているそうです。

DHEAとメラトニンは国内では売られていないので、個人輸入でお願いします。

googleで検索してみてください。

レスベラトールは国内で普通に手に入るようです。


プラセンタ注射 お役に立てればと言うことではじめてみます。2A 1回 皮下注射 1500円+税
献血制限とかありますので、詳しくはご来院ください。